世界の最新のサプリメント情報

WFで言うサプリメントは、基本は自然食材です。
化学的に工場で合成されたものという、薬剤的な補助食品はあまりお薦めしてません。

栄養サプリの採り方

グルコレートなど
 ファイトケミカル類や栄養サプリメント類、抗酸化物質は、単体で摂取するとベータカロチンのように悪影響が出ることがあり、かなり少量でもホルモン作用のように効果はあるので、バランスよく、自然食の中から噛んで、摂取することがよいでしょう。
 Dーグルコレートなどは、普通にセルロースが分解されると発生します。活性型が種子の胚芽の中に多いのは、これから、細胞分裂が盛んに行なわれ、茎や、葉の細胞が出来る部分だからです。ですから、新鮮なサラダとしてかいわれ大根、アルファルファ、モヤシ、発芽玄米、ぶどう、ベリー、キウイ、びわ、など。または、皮やすじ等が一杯付着したみかんや、バナナ、グレープフルーツ、などを房ごと、種まで噛んで、食べると良いのです。
種、豆の中が重要です。

 豆や胚芽を含んだ部分は、炒って、半生、酵素作用を落として食べるとお腹にやさしいです。
 果物も種も皮も噛んで食べる、無農薬で皮も食べるという事が、お腹の中の不溶性・水溶性食物繊維を増やし、デットクスにも繋がるので、毎日、350グラムを目指して、毎朝には、植物をよく噛んで、またはミキサーで粉々にしてネクターやスムージー状にして多く採りましょう。
 青汁粉末なども補助として有効ですが、主に有機、無農薬の野菜、果物から新鮮な植物体として調理したその一時間内に採ることをオススメします。

  食物繊維350グラムというのはかなりの量です。これは水溶性食物繊維を含みます。ペクチンなどが有効であることもわかってきています。


本物のサプリメント?低温抽出無酸化。2012LIFESTYLEより

健康と医療「本物のサプリメント」V

今、サプリメントは大変進化してきました。がんが治る程の優れものも多数出て来ています。そしてこれらの良いサプリメントの特徴は「自然な生薬」を使っており、ピュアーな化学薬品とは全く違うものだということです。そもそも副作用が全くないことが大前提となります。つまり質さえ良ければ、ホメオスターシスの混乱をきたさないため、体には自然に入って行き治癒力を発揮するものばかりです。

もちろんベースは食生活の改善であることは言うまでもありませんが、それだけでは治らない難病も多々あることも事実です。それ故、私は積極的に質の良いサプリメントを用いているのです。サプリメントは10年以上前と今では全く違います。1.2.3.4.の条件を満たすものがどんどん増えてきたからです。さらに栄養学が飛躍的に向上し、どの栄養素が本当に必要なのかが解ってきました。

まだまだ、質の悪いサプリメントが存在することも確かですが、これからはこんな質の悪いサプリメントは少しずつ減っていくものと思われます。何故なら、治らなければ売れなくなるからです。どんなサプリメントを飲めば良いかをここで整理してみますと次のようになります。

「酸化しにくく、長期に渡り薬効効果が強く、かつ副作用は全くないもの。いつ止めてもどうってことのない自然なもの。後日体調に応じてサプリの内容をチェンジすれば良い。また長期間飲んでも体力アップこそすれ悪くなることが全くない。」かようなことが本物のサプリメントではないでしょうか。但し、副作用がないと書きましたが、好転反応は起こる可能性は当然あるということは知っておいてほしいことです。私はこういうことから質の極めて良いサプリメントに大変期待しているのです。

前にも書きましたが、EPA、DHAのような油は230℃のような高温で煎じる煮取法をやると極めて拙劣な質のサプリメントが出来上がります。酸化しているのみならずトランス型脂肪が増えてくるし、ビタミン破壊は起こるし、ろくなことはありません。いくらEPA、DHAが含まれているからといってもこれではプラスとマイナスが大きくマイナスで、かえって健康を損ねる代物なのです。でもこんな拙劣なEPA、DHA製剤も大変多く世に出ているのも事実です。本当に気をつけねばなりません。

ビタミンCも同様です。ビタミンCを取るとガンが治るとして、やたらに高濃度ビタミンC点滴のクリニックが流行っていますが、聞く話によると高濃度ビタミンCをやっても治る確率はほぼないそうです。治ることはなくても良くなればまだましですが、どうも良くもならないらしい。結局こんな単体だけを入れても活性酸素はほとんど処理されないからです。ビタミンCの1000倍も強い抗酸化のグルタチオンペルオキシターゼを活性化した方がどれだけましかと思ってしまいます。

でも点滴より恐ろしいのは、初めから酸化したビタミンC製剤が市販で売られているらしいということです。あるメーカーの人が次のように言っていた話しは戦慄する内容です。「作っている真っ最中に変色することが多い。これって酸化ではないか?と思う。しかもそれを捨てずに乳糖コーティングして見えなくして売っている。」いかがですか?そんな企業ばかりではないと思いますが、やはりサプリといってもそんな粗悪品があるということが分かる話です。

安売りのサプリはとにかく酸化していたら話になりません。ましてトランス型油まで出現するようでは論外です。やはり信用できる、いつまで経っても酸化しにくい還元力のある商品を探すしかありません。私のクリニックではそういった還元力のあるものばかりを出していると自負しています。

還元力があり、エネルギーが高く薬効効果の高いものがまず良いサプリメントの条件となります。次に分子の小さいもの程協力となります。ただし、分子が大きくても腸管免疫をゆり動かす、すごいものもありますが。そのためには抽出法が本当に大切で、酸化していたら話にならないからです。

抽出法で良いものは、第1にコールドプレス。つまり低温圧搾です。100度以下で静かに圧搾すると極めて酸化しにくく、余分な化学薬品が混入していないので何より良いやり方なのです。第2に酵素抽出。酵素の分子を自然な形で小さくできれば、酸化しにくく還元の強い良いサプリになります。第3に発酵技術。発酵は素晴らしく質の良いサプリを作る元だからです。但し、時間がかかるのはやむを得ません。これからはこの3つがとても良い抽出法になります。

 
NPO法人 鶴見酵素栄養学協会 理事長 鶴見クリニック 院長 鶴見隆史先生

2012年2月24日 提供:2012LIFESTYLE

「サプリメントの食べ方の基本は?」

サプリメントについてはまだまだ賛否両論あり、毎日70錠近いサプリメントを摂っているひとも居ますが、まったくとらなくても元気で、健康長寿を達成できるひとも居ます。
大規模疫学調査によっても、サプリメントの健康者への有益性は証明されておらず、それどころか、2007年のJAMAの論文によって、ビタミンA,E,βカロテンは死亡率を上げるというメタアナリシスまで発表されているのです。
サプリメントは必要ないのでしょうか?

「僕自身は当然“サプリメントは必要だ”という考え方をしている。ホルミシス理論によれば、健康によいものでもやりすぎれば健康に悪く(健康に必要な食事も食べすぎれば体によくないなど)、逆に健康に一見悪そうでも適度な量であればプラスに働く(活性酸素を作り出す運動も適度な量は健康にプラスに働くなど)。」
2012年1月 「アンチ・エイジング医学」編集委員長坪田 一男先生レポート より抜粋
ホメオパシーの考え方も同様で、少量の刺激物や毒物が免疫系の賦活作用を起こし、治癒の動機や自立バランス下の恒常性回復に繋げてくれます。
しかし、人それぞれその免疫力の強さ・臨界値は毎日時間ごとに違うのであれば、その応用はまだまだおおざっぱです。
サプリメントも同じで、それぞれに最適量があり、それを超えればマイナスに働きます。
どの程度の量を摂取すれば最適なのかということが問題なのです。


ためになる雑学のページ
ためになる雑学のページ食のQ&A(過去に掲載された質問&回答)

オイル

ココナッツオイル

 






気になる健康情報をホワイトファミリーで検索!

Google
WWW を検索 ホワイトファミリーサイト内を検索



                                    
血管と血液を健康にするちょい足し食材New 美容、健康に?スーパーフードNew
ベストセラーの医療本を書いた名医が大集合新トレハロース化合物に高抗老化作用
知られざる腸内細菌パワー これがカラダの新常識
ビタミンの重要性 ― ジニー・トリン・グエンミカン色素 生活習慣病予防に効果か
生薬甘草、メタボに有効か 「医師10万人にアンケート」
人工甘味料で代謝異常 腸内細菌のバランス崩す乳酸菌ビジネスという効果
防げ肥満 炭酸・チョコCM制限 食品表示で新制度 肝臓や膝...、消費者庁
カルニチンにNASH治療効果 マウス実験ではビタミンEより有効メントール、代謝酵素に影響 ワルファリンとの相互作用注意
ダークチョコがPAD歩行を改善? ビタミンDに延命効果?
グルテン「悪玉論」拡大 米、根拠薄い健康志向心筋梗塞後も食物繊維を 摂取多いと死亡リスク減る
リンゴに高脂血症薬と同じ作用 食品ポリフェノールがコレステロール吸収を抑制 発酵トマトに便通改善効果 腸内菌叢の改善も
適量のブラックコーヒーで虫歯知らずに:ブラジル大学研究痛風予防に植物「メリンジョ」 尿酸値下げる効果発表 山田養蜂場
私が糖質制限する理由
(トンプソン真理子さんのノートから)
健康食品、品質は大丈夫? 国立研究所、103製品分析
根拠ない効能に課徴金 健康食品の表示 喫煙妊婦のビタミンC、出生児の喘息減
「たばこより大きな脅威」 不健康食品で国連警告 毎日の緑茶、認知症予防
金沢大の山田教授ら調査 米科学誌に発表
発酵乳製品で2型糖尿リスク低減 総菜や弁当に健康認証マーク
厚労省が基準策定へ
ビタミンD欠乏症が増加
背景に母乳栄養や日光不足 放射線への懸念も影響
がん予防に7つの習慣、老化抑える食事提案
地中海食でドライアイ増加 、地中海食?酒かすが肝炎予防に効果
月桂冠総合研究所
(サプリメント大国アメリカ:下)
安全なおざり、死亡例も
アレルギー:少しずつ食べて治す
乳酸菌:ガセリ菌で子宮内膜症を治療
ビフィズス菌でC肝ワクチン
オメガ3:恐怖記憶はω3系多いと和らぐ
カフェインは学習後に 記憶力向上と米研究 「更年期サプリ」で子宮から不正出血
厚労省、注意喚起
精製したホウレンソウ成分
膵臓がん治療に効果
オイル 食用 バランスよく摂取する
脳卒中予防にビタミンC 【米国神経学会】 
Cは血管壁のコラーゲンを強化する
小児のカフェイン摂取で警鐘
【米国小児科学会】
乳酸菌シロタ株で風邪減 母乳に抗HIVタンパク 「医療新世紀」
ビタミンK解明へ 納豆や緑黄色野菜に
含まれている成分で、これが不足すると動脈硬化や
認知症などへの発症リスク
食物繊維でリスク減 
不溶性食物繊維でリスクとの関連
 摂取が1日当たり7グラム以上
レモン食べると肥満防止効果、中性脂肪を抑制 オメガ3脂肪酸で脳の老化が1-2年遅れる
レモンで脂肪肝抑制 三重大研究グループ発表 キアヌQuinoaという、
アンデス原産の穀物のパワー
長寿の秘密は?零下196度で生きるヒル 凍結、解凍に耐える コーヒー1日1杯で肝改善 ドリップコーヒーで
還元型コエンザイムQ10 
「老化抑制の仕組み判明」
リンゴの血管死抑制、スタチンに匹敵
コーヒー1日1杯で肝改善 ドリップコーヒーで Exposing the potential of sugar chains for
the diagnosis and treatment of disease
コーヒーで小血管の血行改善
【米国心臓協会】
ナッツ類の摂取、死亡率と逆相関
1日3回以上の果物、正常妊娠に好影響 海藻で機能性食品開発 廣貫堂、
アカモクの効果確認
トランス脂肪酸、米で規制へ…
「心臓病の原因」
桑の葉で糖尿病予防
悪玉油を段階的禁止へ 米当局、食品業界に
要請 生活習慣病のリスク配慮
日本臨床栄養協会の第2回市民公開講座への
ご参加のお誘い
コーヒーで肝細胞癌は半減
【米国消化器学会】
黒い食材でアンチエイジング 薬膳料理
根菜は冷え改善に効果、
せき止めにレンコン ショウガの中華薬膳料理
ブロッコリーから発見されたブロリコの
驚くべき、免疫活性力とは?
種子油に神経毒性の抑制効果 ビタミンD、骨粗予防に期待薄
ダイエット:脳内物質が内臓脂肪減 
ラットでメカニズム解明 自治医大
ω3脂肪酸、思考力に影響せず
【米国神経学会】
健康食品4割、薬効低下 
ダイエット関連で顕著 厚労省研究班
「体に良い」立証へ…和食と健康1万人調査
2013年注目のオキアミからの
クリオオイルとは?
コーヒーの効果と夏太り
職場でモーツァルト、能率アップ
 みんなの○○ 音楽セラピー
「脳血流に1日2杯のココア」 【米国神経学会】
脳の血流改善の可能性
桃 心血管疾患に効果 桃 甘いだけじゃない…
高血圧や動脈硬化抑える効果
みその効用 なるか薬草の大規模栽培 
国産カンゾウ、北海道で
喫煙男性、海藻など摂取多いと肺がん
リスク増 含有のヒ素影響 排泄低下?
健康インフォメーション 
プリン体の少ない食品選ぼう
青魚のDHA、怖い記憶緩和…
動物実験で効果
コンドロイチン硫酸が軟骨・皮膚に
与える成果確認
重症のインフル治療に光 
DHA由来物質がウィールス増殖抑制か
糖質栄養素:サイエンスゼロ
緑茶で脳卒中リスク低減 
コーヒーでも、8万人調査
「プロバイオティックスと腸管免疫」の
セミナーのお誘い
抗酸化物質、脳守る作用も 身体を作る、水と塩について
ダイオキシンのデトックス:クロレラ、
油症治療に効果 ダイオキシン類を排せつ
 
オメガ3の効果!確認 DHAが
アルツハイマー抑制…京大iPS研究所
妊娠前後の葉酸、子の自閉症減少 健康と食物「腸内細菌」
大人は塩1日5グラム未満に 
WHOが健康指針 
日本男性は11グラムも摂取
朝食の意義=當瀬規嗣
オルガノゴールドとは NK細胞を賦活する新物質ブロリコって?何?
ミカンを毎日4個程度食べる閉経後の女性は
骨粗しょう症になりにくい
オレガノコーヒー、オルガノゴールド
サプリマルチプロダクト 霊芝とグレープシード
カルシウム低摂取、PHPTリスク大 トマトジュース 息長く 「肥満解消に効果」
途切れぬブーム 売り上げ、震災前の倍
第27回健康食品フォーラムのご案内 ビール原料、筋肉老化抑制 寝たきり防止期待
動脈硬化に朗報!
ダイエット、肝機能強化、桑の葉が持つ驚きの力
ミカン皮が脳神経守る 松山大、脳梗塞治療に期待
アメリカサイズのサプリメントの飲み方 ミカンは血管老化を予防か
5つの成分を配合。N-アセチルグルコサミンと
SAMe含有酵母との併用での相乗効果
「発酵美人になる納豆レシピ」混ぜるだけ編
青ジソで老化、肥満防止…
毎日数キロ食べれば
ヤマイモのディオスゲニン
コーヒーの有効性 ヤマイモ成分にアルツハイマー改善効果
食事の順序、まず野菜、生活習慣病予防
血糖値の変動抑制
トマトジュースで疲労物質抑制軽減 
運動前と合間が効果的
認知症、ミカンの皮で改善? マウスで確認 イチゴに花粉症抑える効果…7日以上食べれば
サフランの黄色色素、大腸がん予防に効果 カレー 健康効果を科学的に検証「再発見フォーラム」
アジ・サバを多く食べる人、肝臓がんなりにくい 北の糖鎖発信基地からのアラート・・・・
夜食取ると代謝異常に 
肝臓の「時計」に乱れ
食事、運動にも数値目標 食塩8グラム、
野菜350グラム...
マンゴスチンにがん抑制効果…
岐阜大教授ら立証
閉経後女性のビタミンD必要量は1日800IU
乳酸菌とビフィズス菌 免疫力アップ、
花粉症改善 アンチエージングも
ビタミンE 取りすぎ注意 骨粗しょう症
リスク高まる 慶大チーム
光合成について LIFESTYLEより抜粋 栄養成分の表示義務検討 
JAS法など一元化で
トマトジュース、バカ売れ…脂肪燃焼効果と論文 トマトにメタボ改善成分 
京大発見、脂肪燃やす効果
安全な本物のサプリメントは  
甘草成分に受精高める効果 
長崎国際大
大量の食物繊維、大腸癌減らす

塩分と胃がん