White Family dental-site
ブリッジという連結修復法について
 


1.ブリッジを入れないと
崩れる噛み合わせ・ブリッジの管理法

二次虫歯を予防するためにWFの工夫はこれ!

カウンセリングルームブラジル学会ポスター

  カウンセリングルームのブラジル学会ポスターより
@奥歯を抜けたままで放置していると?
これは6歳臼歯の欠損例です。
  A数年から10年くらいで歯が倒れこみ、接触点がゆるんで、隣接面に食片圧入で虫歯カリエスができ、咬合の高さもひくくなり顎がずれ始め、頭蓋骨の重さが傾き、首の頸椎の軟骨がつぶれて頸椎ヘルニアで神経がしびれるようになります。Dr自身の体験談でもあります。
 
カウンセリングルームのブラジル学会ポスターより   カウンセリングルームのブラジル学会ポスターより
B外からは見えない奥歯のかみ合わせの崩壊は永く進行します。必ず、歯をはやめに入れて若さを保ちましょう。   Cブリッジを入れた例です。今では、人工根インプラントが良いでしょう。連結した歯の隣接面や人工歯の下は、スーパーフロスでお手入れしましょう。WFでは、ドーム形状で、ハブラシでも、95%磨けます。

 

topへ戻るtopへ戻る


2.衛生的で歯周病菌を増やさない、
ドームポンティックブリッジの特徴とは?

(一般的なブリッジで発生する歯周病などの問題)


多くの問題を抱える、一般的な連結ブリッジはセット後の清掃簡易度や、耐久性を考えて設計されていないのです。日本の歯科大学で教える、一般的な
解剖学的再生ブリッジの末路をフォトで紹介します。

海外ではブリッジの連結部分の下面もスーパーフロスを用いてのケアを指導していて、歯間ブラシのような、すき間ケアだけで、隣接面ケアできない道具は薦められてません。

WFでは、早くから25年以上前から、ブリッジはドームポンティックブリッジを採用してこの問題を防いできました。
では、一般的なブリッジ、その末路の状態をみてください。

 

一般的なブリッジ
歯科大学で教える一般的なブリッジのレントゲン形状と支台歯根面に発生している二次虫歯での脱灰(カルシウム溶出で根とメタルの接着部分の歯質の崩壊)

 

プラークと歯石1 プラークと歯石2 プラークと歯石3

そのポンティックの下面についた、プラークと歯石

 

潰瘍からの出血
ポンティックの下面の接着した歯肉面に出来ている潰瘍からの出血炎症。
支台歯根面の歯肉縁上にできた虫歯。

30年以上でも、歯周病問題発生しない。
オーラルケアも行いやすいBrにしています。

ウルトラフロスとスーパーフロス

クリーンなブリッジ周囲組織1   クリーンな歯周組織2
インプラントを嫌がる方にはブリッジを処方しますが、WF式のドームポンティックブリッジ。
これは、フルジルコニアのジルコニアツアーンです。非常に硬いので、調整が大事です。
  咬合面から観たドームポンティックブリッジです。歯の間の曲線が緩やかで、お手入れが簡単で、折れたりしない形態です。
ハブラシだけでもほぼ90%の面をクリーニングできる断面は三角オムスビ型です。


ドームポンティックとフラッシュ平面

クリーンなブリッジ周囲組織1   クリーンな歯周組織2
歯ブラシ毛、到達可能な面構成と、フロススペースのあるクリーンなブリッジ周囲組織


WFの連結ブリッジの規則

@支台歯の根に過重負担にならない小さめのポンティック(連結部分の噛み合せ面)
歯周組織にやさしい
咬合負担が小さいため
支台歯周組織にやさしい

 

A連結部分での金属疲労による、破折予防のためのフラッシュスムースS字連結
清掃性の効果アップ1 清掃性の効果アップ2
清掃性の効果アップ

 

B根面隣接面の歯ブラシ清掃を簡単にするための、ポンティク下面のドーム形状(4番より奥に採用)
下面ケアが可能1 下面ケアが可能2
フロス操作性が向上し100%の根面ケアと、ポンティック下面ケアが可能

 

結果
以上の工夫で、いつもクリーンなブリッジ連結面が得られ、2次虫歯発生や、歯周病進行もなく、数十年以上も安定して使えます。

ポンティック下の清掃方法

先進医療に「金属代替材料としてのグラスファイバー補強高強度コンポジット」
topへ戻るtopへ戻る


3.欠損を修復するブリッジ修復材料の
種類とインプラントによる再生法
保険治療

インプラントによる治療
メタル・セラミックスによる治療

セルコン・スマート・セラミックス治療


保険治療
優れた特徴
保険により安価
歯冠色材量に比べて少ない歯の削除量(奥歯)
金属は高強度
良好な適合
考慮すべき特徴
前歯(プラスティック)は磨耗と、吸水による変色
奥歯は金属色
金属アレルギーのリスク
金属による歯肉の変色
メタル・セラミックスによる治療
優れた特徴
天然歯に近い色調
保険の前歯素材(プラスティック)と比較して、高強度
プラスティック・金属と比較し、プラークが付きにくい滑沢な表面構造
良好な適合
考慮すべき特徴
保険と比較して高価
歯肉が後退した場合、金属の黒いライン出現
金属アレルギーのリスク
金属による歯肉の変色
セルコン・スマート・セラミックス治療

優れた特徴
より天然歯に近い色調
金属同等の強度
冠からブリッジまで金属未使用で製作可能
金属イオンによるアレルギーや歯肉の変色なし
プラークが付きにくい滑沢な表面構造
高い生体親和性
均一なブロックから製作するための高品質
考慮すべき特徴
保険と比較して高価
topへ戻るtopへ戻る


4.2013年WFのブリッジはこれです!!!

Lava TM Crowns and Bridges
ラヴァ
TM フレーム歯科切削加工用セラミックス

2013年1月24日

Lava TM (ラヴァ TM フレーム)は、ジルコ二アオールセラミックス用のフレームワークです。
ラヴァ TM システムから作り出されるフレームは、高い精度と強度、そして光透過性があります。


Lava TM Crowns and Bridges

P.F.M(金属焼付けポーセレン)から、
P.F.Z(ジルコニア焼付けポーセレン)ヘ。
さらにP.F.L(Porcelain Fused to Lava TM)ヘ。

ラヴァ TM フレームは、
フレームの色調が8色。仕上がりの審美性を一段と高めます。

ラヴァ TM フレームは、より高い「精度」と「曲げ強度」で、最大6歯のブリッジまで※ご使用いただけます。
さらに、フレームを8色から選択することができ、
より天然に近い審美性が再現できるジルコ二アフレームです。
※ブリッジは、実寸が42mmまでとなります。

8色のシェードからお選びいただけます。
築盛の際に色調調整がしやすいので患者さん固有の色調を忠実に再現することが容易です。
●築盛スペースが確保でき、色調を自在に、忠実に再現できます。
また、透明度を妨げることがないので、より自然に仕上がります。

Lava TM Crowns and Bridges

ラヴァ TM フレームは幅広いニーズと期待に応えます。

Lava TM Crowns and Bridges

適応症例

ラヴァ TM フレームは以下の症例にお使いいただけます。

●クラウン
●隣接するポンティックは2歯まで、かつ、8歯までのブリッジ
●4歯までの連冠
●延長ポンティックを最大1歯、ポンティックを最大2歯、支台歯を最大4歯まで含む延長ブリッジ
・延長ブリッジは、前歯から小臼歯まで使用可能。
・ブリッジは、CADのスキャナーで読み込める全長42mm以内です。

Lava TM Crowns and Bridges

各種データ

3ユニットブリッジのマージン精度の比較
Lava TM Crowns and Bridges

臼歯部3ユニットと4ユニットブリッジの破壊強度の比較

Lava TM Crowns and Bridges

フレームの厚みと曲げ強度

Lava TM Crowns and Bridges

3および4支台歯におけるマージンの精度

Lava TM Crowns and Bridges

ラヴァTMフレームの透過性
Lava TM Crowns and Bridges

Lava TM Crowns and Bridges

ラヴァTMフレームは、
ジルコ二アを主成分とする「高強度セラミックフレーム」です
ジルコ二アはファインセラミックスと呼ばれる高強度セラミックスです。
特に"トランスファータフ二ング"現象による高い強度と靭性を有しています。


ジルコニアの特長

ジルコ二ア(ZrO2)は、安定化させることで耐熱性セラミックスとして広く活用されています。複合材料としては既に人工ダイヤモンド、セラミックス性刃物に、また原子力発電所や車の耐熱耐蝕用材料として、さらに医療用としても10年以上前から人工股関節の骨頭などに応用され、優れた生体親和性と非常に高い強度をもっています。

1.クラック(ひび割れ)の進行を抑制します。
ジルコ二アは応力を受けた場合に、その結晶構造が正方晶から単斜晶へと変態することで応力の伝播の進行を防ぎます。これは「マルテンサイト変態」と呼ばれますが、臨床的にも必要充分な強さがあり、理想のコンディションを長期間保つことができます。


Lava TM Crowns and Bridges

2.ガラスフリー、メタルフリーの素材です。
ジルコ二アは歯科補綴物としてはガラスを含まない"ガラスフリー"素材です。コンピュータでデザインし、1,000度を超す高温で焼成。
従来の金属に匹敵する強度がありながら高い生体親和性と透明感を有します。


Lava TM Crowns and Bridges

スキャ二ング用模型の形成方法
実際の形成の際には、必ず下記のガイドラインに従ってご準備ください。

支台歯形成
スキャニングに適した支台形成の注意点


Lava TM Crowns and Bridges

印象採得
精度の高い模型作製の注意点
精密印象用の親水性付加型シリコーン印象材またはポリエーテル印象材をご使用ください。
●インプリント TM U印象材、インプレガム TM ソフト印象材、あるいは同等以上の精度を有する印象材をおすすめします。

模型作製
スキャニング用模型作製の注意点(ダウエル模型)

石膏模型
●淡色の超硬石膏でレジンが配合されていないものをご使用ください。
●光が反射しないもの(ツヤ消し)をご使用ください。

咬合器
●模型の基底面は咬合器から可撤式にしてください。
●模型の高さは、基底面から直上平面が60mm以内にします。

分割模型
●支台歯や歯槽堤部分すべてに、1分割あたり2〜3本のダウェルピンで回転や動揺が
ないようにします。ブリッジ用模型のポンティック基底部にも付与してください。

※インプラント外冠のコーピングやフレームワーク、特殊なフレームデザインも可能です。


Lava TM Crowns and Bridges



セルコン ジルコニア セラミックス
適用症例ガイド

適用症例
●クラウン●ブリッジ●インレーブリッジ●カスタムアバットメント●
 
重量比較
メタルの約1/3の比重
部 位
メタルフレーム
6.0g
9.0g
セルコンフレーム
2.0g
2.9g
 
CADシステム:通常の症例に対応
 
ワックスアップ:スキャンが困難な、複雑な形状にも対応
topへ戻るtopへ戻る


5.ナイフエッジセラミック/
メリーランドブリッジ/インレーブリッジ

2013年5月20日

メリーランドブリッジやナイフエッジは10年以上の
耐久性がないのでWFでは行いません。
30年以上の耐久性を考えて設計し形成します。


(1) エナメル質はデンティン質より遥かに接着強度が強く、2次カリエスにもなりにくいのでエナメル質を残す形成が好ましいです。ただし、着脱のためにアンダーカットは作らないのが鉄則なので、やむなくエナメル質を削る場合もあります。

(2) マ一ジンは0.1mm〜0.2mm少しだけステップをつけてマージンラインが分かるようにしてください。
(殆どナイフエッジ、、マ一ジンラインが分かる程度に印を付ける感じです)

(3) 唇面、舌面は最低限0.5mmです。舌面はエナメル層が唇面に比べ薄いので注意します。舌面のスペースが無い場合はジルコニアのみにします。

(4) 吹合面はエナメル質が厚いので1mmの形成量。

(5) メリーランドブリッジはジョイントに強度が必要なので、ジョイント付近の接着面を出来るだけ広くとります。ウィングの広さはジョイントほど影響がありません。

(6) タービンを使用して、ハイスピードで調整する場合はマイクロクラックが入らないために注水下で、行います。

(7) セット時にクラウンが支台歯に当たる場合は、クラウン内面に赤か緑のバイテックスを塗付して、そっと歯牙に適合させ、色のついた歯牙のハイスポットを削合するほうが、ジルコニアクラウンを削るより速く、正確です。

ナイフエッジセラミック/メリーランドブリッジ/インレーブリッジ

ナイフエッジセラミック/メリーランドブリッジ/インレーブリッジ


ナイフエッジセラミック/メリーランドブリッジ/インレーブリッジ

これらナイフエッジ形成は30年耐久が
得られないので、WFでは行いません

topへ戻るtopへ戻る



6.ブリッジのお手入れ、の間違い


欧米ではBrポンティックの下や、連結修復の隣接面も糸ようじのフロスを使わせます。歯の間の空間の食片を取るのではなく、隣接面のポケットの歯面、根面など面を擦るのがバイキンバイオフィルム原因菌除去に大切だと、認識されているからでしょうか?
スーパーフロスとはどんな使い方がいいのでしょう?

正直にいって、お年寄りに臼歯部なんかで空隙がとてもせまい場合はスーパーフロスのとり使いは難しいように思われます。Brが1箇所とかでスーパーフロスを1回に使用するところが少ない場合はそれで捨ててしまうのもかなりもったいないと思うし...大体ふわふわ部分以外の普通のデンタルフロス部分が長すぎて扱いづらいんですよね。まあBrのポンティック以外のところは普通にこのデンタルフロス部分を使用してもらうようにというのが意図だとは思うのですが...
WF式のドームポンティックだとスパーフロスは扱いやすいです。

カウンセリングルームのブラジル学会ポスターより
ブリッジを入れた例です。今では、人工根インプラントが良いでしょう。
連結した歯の隣接面や人工歯の下は、スーパーフロスでお手入れしましょう。
WFでは、ドーム形状で、ハブラシでも、95%磨けます。

 

カウンセリングルームのブラジル学会ポスターより
これは、フロスを通してつかう、針通しのようなグッズです。
柔らかい、フロスをこれに通して、連結部分を潜らせて、下面を擦る。
ブリッジクラウン連結部の下部面をきれいに擦るにはフロスが最適です、歯間ブラシと両方使う。
2009.5.30
topへ戻るtopへ戻る


ホーム