White Family dental-site

完璧な隣接面ケアを実行するために歯間清掃具を選ぶ

 

3.お薦め、ウルトラフロスと
スーパーフロスとは


ブリッジや、連結冠の間のお手入れ、スーパーフロスの使い方通信
ポンティック下の清掃の方法
新製品発売、春からの新色、ニューカラー
歯間ブラシの使えないお子さま、若年層の患者様にお奨めください
DENT.EZ ウルトラフロス 活用事例
ブリッジや、連結冠の間のお手入れ、
スーパーフロスの使い方通信
2009.4.7
欧米ではBrポンティックの下や、連結修復の隣接面も糸ようじのフロスを使います。歯の間の空間の食片を取るのではなく、隣接面の”ポケットの歯面、根面を擦る”のがバイキン膜(バイオフィルムを破壊して、原因菌除去に大切だと、認識されているからでしょうか? スーパーフロスとはどんな使い方がいいのでしょう?結構難しいみたいです。 上の6番7番連結で指導してみましたが、やはり、難しかったです。
67セット前に充分フロスなど通せるようにエンドRとファインシャープで歯間を広げておいたのですが、口蓋側からどうやら、通せましたが、結局、入れるのに時間かかるので、スパーフロスはやめて 歯間ブラシSSSにしました。

Dr:奥歯のポンティックは、”衛生タイプ、ドームポンティック”は歯ブラシだけのケアのしやすさで、必須だと思うけど、連結などの狭い隣接部分には、スパーフロスは困難ですが。練習するとかなりできるようになります。
連結は出来るだけ、ラボ(歯科技工所)に指定して、隣接面ケアをできるスペースを作り、セット前後に調整で広げて、指定の歯間ブラシやスーパーフロスを使ってケアする。
前歯はや4番くらいまでは、スーパーフロスで、リッジドラップポンティックの下は、擦るように指導。

DH:Tによると、”正直にいって、お年寄りに臼歯部なんかで空隙がとてもせまい場合はスーパーフロスの取扱いは難しいように思うのですが....まあこれも人によるのでしょうが。”
一度使用したら、ふわふわ部分がもうふわふわではなくなってしまいます。でもBrが1箇所とかでスーパーフロスを1回に使用するところが少ない場合はそれで捨ててしまうのもかなりもったいないと思うし...大体ふわふわ部分以外の普通のデンタルフロス部分が長すぎて扱いづらいんですよね。

Dr:返信”長い硬い部分は使いやすいお好みの長さに切って使うのです。ふわふわもお湯ですすぐと、元に戻りますし、WFではCHX洗口液を浸けて使うように指導してますから、ほとんど、殺菌状態で、繰り返し使っても、きれいでしょう。
スーパーフロス1 スーパーフロス2
topへ戻るtopへ戻る




ポンティック下の清掃の方法
2009.6.1

海外ではポンティックや連結の下はスーパーフロスや、こういうリング状のガイドにフロスを通し、歯の間に入れて清掃する。
歯間ブラシでは、歯の間や、真下は清掃しにくく、バイオフィルムなど歯の隣接面の膜状の細菌プラークを除去するには、不向きで、食べカスなどをつっ突く程度です。

フロススレッダー

カウンセリングルームブラジル学会ポスター

カウンセリングルームブラジル学会ポスター
ブリッジを入れた例です。今では、人工根インプラントが良いでしょう。連結した歯の隣接面や人工歯の下は、スーパーフロスでお手入れしましょう。WFでは、ドーム形状で、ハブラシでも、95%磨けます。

改良電動フロスへ
 
topへ戻るtopへ戻る


新製品発売、春からの新色、
ニューカラー

ウルトラフロス

 

使いやすくて、誰でもカンタン!フロッシングの習慣化を応援します

歯周病やう蝕を確実に予防するには、ブラッシングだけでは不十分でフロッシングが欠かせません。ウルトラフロスは使いやすさを追求し、どなたにも簡単・確実なフロッシングをサポート。若年層や初めての方でもフロッシング習慣が身に付き、毎日きちんと続けられます。
topへ戻るtopへ戻る


歯間ブラシの使えないお子さま、
若年層の患者様にお奨めください

 
お子さまの仕上げ磨きに
お子さまのフロッシング習慣の育成に
隣接面カリエス予防に
小さなお口に指を入れなくても奥までラクに届きます。
小学生でもフロッシング習慣が育成できます。
顎の成長に伴い汚れがつきやすくなった乳白歯隣接面のう蝕予防に。
     
白歯部(奥歯)のケアに
上顎前歯歯間部のケアに
歯周病のケアに
白歯部にも簡単に届き、歯肉を傷つけることなく隅角部にフィット。
コンタクトがきつい隣接面、歯並びが悪くカリエスリスクが高い部位に。
歯周病が発生しやすく清掃しにくい歯間部歯肉溝の清掃に。
 
 
 
topへ戻るtopへ戻る


DENT.EZ ウルトラフロス 活用事例
 
「う蝕ケア」も「歯周病ケア」もフロッシングから 〜ウルトラフロスの有効活用〜
一歩進んだ「隣接面フロスケア」のすすめ
皆さん、「デンタルフロス」と言うと「う蝕ケア」のイメージが強いのではないでしょうか。しかし「隣接面エリアの歯周ポケット」は唇舌面よりも長いため、その箇所のプラークをきれいにクリーニングするにはフロスが有効で、簡単に使えるウルトラフロスで乳歯列の頃から「隣接面ケア」を行うことがう蝕ケアだけでなく歯周病ケアにも非常に効果的であると考えます。その考え方、および当院で成果を上げている指導法について解説します。

■「隣接面ケア」はなぜ必要なのでしょう?

口内には歯ブラシの毛先が届かず、フロスでしかクリーニングできない部分があります。それが歯と歯の間の隣接面です。毎日3回、歯を磨いても、歯周ポケットを含む隣接面エリアではプラークが成長し、隠れ歯周病菌が*増えていきます。歯肉炎はじわじわと症状なく進行し、40歳頃から骨吸収や根面露出を感じても進行性のため、元に戻すことは難しく、50歳までには根面う蝕や咬合歯列の崩壊を起こします。入れ歯を使っている高齢者の方と同じ状態になるのです。お口の若さと清潔さを保つには、幼児期からの隣接面ケアが重要です。

1988年に米国で内科医と歯科医が「FLOSSorDIEキャンペーン」を掲げました。かなり大げさに感じますが、これが現実です。歯周病菌は循環器疾患のアクセレーター、もしくは起因と認識され、これを指摘する論文も多数あります。隠れ歯周病菌の増殖は、口腔粘膜から体内に侵入して生活習慣病の原因となります。これを予防もしくは除菌ケアするにはフロッシングが不可欠です。だから「FLOSSorDIE」なのです。

*隠れ歯周病菌:スピロヘータ菌、真菌カビ菌、カンジタ菌、ピロリ菌を含む口腔内動物的行動菌群

<隣接面とは>
歯間部隣接面は、隣り合った歯と歯が接触面周囲の高さから、歯の根元にある周囲ポケットの深さを含めた約10mm以下の面をいいます。奥歯では高さが5mm以下。幅は、前歯も奥歯8mm前後あります。

■なぜフロッシングが重要なのでしょう?

歯と歯のコンタクトポイントを通過し、歯ブラシの届かない隣接面エリアの周囲ポケットからプラークをきれいに取り除けるのはフロスだけです。お風呂で背中の垢を落とすのにアカすりタオルを使うように、歯にはフロスが必要です。食後すぐにフロッシング(当院ではジャストケアと呼んでいます)すれば、隣接面エリアの歯周病菌の食後増殖を確実に予防できます。オーラルケアのファーストチョイスはフロスと言ってもいいくらいだと思っています。


■ウルトラフロスの優れている点は?

以下のように多くの特徴がありますが、簡便に使えて効果実感が高いので長続きし、フロッシング習慣が定着しやすいのが優れた点だと考えています。

1. 歯周病が起きやすい奥歯白歯に簡単に届くY字型ホルダー。指や口の周りが唾液で汚れません。
2. 動かしやすい長さの糸は耐久性に優れ、使い捨てにならず、長期間使うことも可能。
3. 歯面に押しつけると多数の糸がテープ状に広がり、プラーク除去能力に優れます。
4. 糸の張りが調節してあり、歯面のカーブにフィット。1回のストロークでの除去面積が広い。
5. ホルダー部分の長さ・大きさとも、ツーフィンガーグリップポジションで安定します。
6. 簡単に扱えるので、幼児、乳歯列の時期から使え、お母さんの仕上げケアにも使えます。
7. 発売から20年の歴史、優れた基本設計など、使って安心。豊富なカラーバリエーションで、その日の気分や使う場所で楽しくセレクトできます。

 


■ウルトラフロスの効果的な使い方 〜3D・Xアクションのすすめ〜

1つの歯間部に2つの隣接面がありますが、これを4つの面に分けて順番にお手入れします。大切なのは、隣接面エリアを立体的(3D)にとらえること。前歯のカーブに添うように歯に当てる傾斜角度を調整しながら、隣接面歯周ポケットの奥まで糸を降ろして、歯間乳頭部の斜面に合わせて2〜3回こすり上げます。こうするとフロスの軌跡は縦から見ても横から見てもクロス(X)を描いた形になります。この方法を当院では「3D・Xアクション」と呼び、患者様に推奨しています。

 
1.コンタクト歯間部の所は横にスライドしながら通過させ、外側・手前をこすります(2〜3回)。根元の歯周ポケットの中まで糸を引き上げてから、上に引き上げる動作を繰り返し、歯面をこすります。 2.外側・奥をこすります(2〜3回)。
3.内側・手前をこすります(2〜3回)。 4.内側・奥をこすります(2〜3回)。
   

■ウルトラフロスの使用症例(20代女性)

日頃からブラッシングの意識が高く、きちんとブラッシングができている患者様です。プラークスコアは45%、歯肉炎はなく、隣接面のポケットの深さは約3mmです。それでもブラッシングだけでは隣接面までは清潔に保つことは難しく、歯間部隣接面にはプラークが残っています(写真1)。そこで、ウルトラフロスを用いた「3D・Xアクション」の指導を行いました(写真2)。隣接面まできちんとプラークを落とすことができ、プラークスコアが10%に改善。現在も良好な状態を保っています(写真3)。

 
1.使用前
2.ウルトラフロスを使用
3.使用後

商品特徴
1.操作性に優れたY字型
2.切れにくく耐久性抜群のテクミロンTM採用
3.狭い歯間にもスムーズに挿入できる
4.フロスの太さで選べる2タイプ(S.M)
topへ戻るtopへ戻る


ミクロンチューニングとは

ウルトラフロスを即購入する

ソニッケアー エアーフロス評価

完璧な隣接面ケアを実行するために歯間清掃具を選ぶINDEXへ
オーラルケアのウソまちがいINDEXへ

clinic-cear home-cear kodomo kenkou