White Family dental-site
ナイトガード(プロテクションスプリント)の応用
 
 
プロテクションスプリントの応用
さまざまな治療に使用されるスプリント

 

AIRWAY & TMJ説明

幼児期から学童期の慢性鼻炎、風邪、咽頭炎、喘息、アレルギーで口呼吸が習慣化して低位舌になります。舌が常に上下奥歯の間に入りこんで下顎奥歯が内傾し低位になり、舌先端は前歯を押しだします。
前歯が前突感のある人、重なってる人は口呼吸の可能性が高いはずです。

口呼吸では、唾液が乾燥し少なく、口の中は乾燥気味で、唾液による抗菌作用の低下から歯肉炎や、歯質の乾燥でエナメルマイクロクラックから、歯の破折などの事故も起きます。

成人までに舌の低位舌での緊張からの舌変形

低位舌で、舌変形により、咽頭部に膨らんだ舌根部は、悪玉菌の繁殖する痰粘液が増え、舌根に2段棚ができ、痰の匂い玉もたまりがちです。気道も狭いため呼吸気流速度も増し、咽頭部粘膜の炎症で気管支炎、喘息、気管支拡張症へつながる。声の質は、ダミ声、ガラガラ、もしくは低音で濁った音質です。

口蓋にあるべき舌がないことで、歯列の内外の筋圧バランスの中立帯にあるべき、歯列の位置が崩れ、歯列の狭窄と犬歯間距離の狭まりで前突、前歯の乱配列変形になります。口蓋に舌を押し付ける力が弱いので、口の中の食片泥を咽頭部に押し出す力も弱く、舌根部の膨らみで狭い咽頭部に、食片泥はつまり気味になり、嚥下での舌の有効な押込みがなく、嚥下困難になります。また、咽頭部に食片泥の残渣が滞留しやすく、咽頭部の腐敗炎症が続きます。そのため、咽頭炎が度々急性化しやすくなります。

中年から、高齢にかけて親知らずも抜かないと歯列は前に押され、前歯の乱配列、奥歯の前傾、内傾、隣接骨、内側骨の崩壊吸収が進行し、上下左右の7番は歯周病が重症化します。奥歯はうまく磨けないので、悪玉菌の温床になります。
また、咽頭部の気道狭窄は、一回換気呼吸量の減少を誘発しそのため、血液中の酸素濃度も下がり、動脈硬化、免疫力低下、冷え性、臓器不全、発がんへとつながります。

前に押し出された、前歯だけ歯茎が下がっているように見えるが、実際には下前歯が上に伸びている。

下前歯が強く当たるようになるため、下顎を奥にずらす後退位になってきます。そのため、長期には下顎関節頭の摩滅、変形で関節炎症を起こします。

10代から30代に、下顎の中心位咬合と後退位を繰り返しは、歯列の食いしばりや歯ギシリでの癖になります。そのため咬合筋の緊張と疲労は、頭蓋骨表面の筋群に広がり、頭痛やめまい、首の痛みなども起きる場合があります。

さらに咬耗が進行して、咬合低位になり咬合圧が強くなるため、食いしばりは、合併症が起きます。大臼歯部の親知らずの影響は、前方の歯を内傾、前傾させてくるので、大臼歯が斜めに低くなり、垂直に生えている小臼歯犬歯の咬耗、内側外側骨隆起が増大したり、または骨の吸収が起きます。口蓋中央の骨隆起も増大します。

上の前歯の裏に、深く入った下前歯は、下犬歯間距離の狭窄を招き、歯周病の加速因子となる、歯列の乱れ、前歯の乱配列、上前歯の前突、上犬歯・4番間の骨垂直吸収、上前歯のフレアー、離開発生します。日常の生活姿勢で、気道が狭い状態になるので、無意識に顎を前に出して気道を広げて、生活するために猫背姿勢になり、飲食時も前かがみでないと、飲み込みずらいので、姿勢悪く食べるようになります。

睡眠時には、寝返りして、仰向けの状態になった時、いびきだけでなく、気道咽頭部に舌が落ち込み、閉塞することで、1時間に数回、数分もの窒息状態を繰り返すことで、首吊り自殺と同じで、血中酸素濃度は下がり、高山病のような状態を繰り返します。これが、血管や脳神経の損傷を進行させ、命に関わる血管のつまりや、血管の破裂、を招きます。2018年時点で、5歳児でも、睡眠時無呼吸があります。痩せ型の女性にも多く、顎の中の舌房の大きさと、舌の大きさのアンバランスが原因です。

 


噛みしめや 食いしばりなどの癖のある人は、永い間の繰り返しの力で、根が破折します。
神経治療を受けた場合は、破折予防のために、ナイトガードを一緒に作成し、一生使いましょう。自分の歯の磨滅も防止出来ます。
12-3
スリープスプリント

いびき防止用の装置で、下額を前方に出した状態で、上下固定されています。


睡眠時無呼吸症候群(SAS)患者様へ
新しいスリープスプリント
「SomnoDent(ソムノデント)」

CPAP療法と異なり、睡眠時に自由な姿勢が取れ、電気もヘッドギアも必要ありません。
カスタムメイドされた装置を口腔に装着するだけで済み、患者様が装置に適応する期間を短縮、継続的な使用と治療に専念していただけます。

ソムノデント

セパレートタイプで、装着後も会話をしたり、水を飲むことができ、
これまでの治療法の難点が改善されました。


使用方法

無呼吸症候は舌の運動で軽減?

舌の体操によって睡眠時無呼吸が軽減される可能性あり


研究によると、1日30分間の舌および顔面の体操によって、中等度の閉塞性睡眠時無呼吸が抑えられる可能性がある

Miranda Hitti


【5月7日】舌および顔面の体操を毎日30分間行うことによって、閉塞性睡眠時無呼吸の重症度が軽減される可能性があると、ブラジルの研究は示している。

研究には中等度の閉塞性睡眠時無呼吸の成人31例が含まれた。

言語療法士が16例の患者に、舌および顔面の体操を毎日30分間行うよう指導した。それらの体操には、舌を歯ブラシでブラッシングすること、舌の先端を軟口蓋につけて舌を後ろの方にすべらせること、母音を速くまたは連続的に発音すること、および物を食べる時、舌を特定の位置に保つことが含まれた。

比較のために、残り15例の患者は舌または顔面の体操を習わなかった。それらの患者は単に、1日に30分間、座って鼻で深呼吸をする練習をするよう指導を受けた。

3カ月後に、舌/顔面体操群の患者は閉塞性睡眠時無呼吸の重症度が39%低下した。同じくそれらの患者は、体操を習う前よりも、いびきが少なくなった、よく眠れるようになった、および日中の眠気が少なくなったと報告した。そしてBMI(ボディマス指数)は変化していなかったにもかかわらず、研究開始時よりも首まわりが細くなった。

対照的に、比較対照群ではそのような改善は認められなかった。

結果を確認し、どの体操が最も重要であったかを知るために、より大規模の研究が必要であるが、気道の周囲の筋肉を強化することによって睡眠中に虚脱する可能性が低くなるというのが基本的な考え方であると、ブラジルのサンパウロ大学医学部睡眠研究所のKatia Guimaraes博士を含む研究者らは述べている。

研究は『American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine』5月15日号に掲載されている。

研究と併せて発表された論説によると、患者が行った体操の一部は他のものよりも有用であった可能性がある。

それでもなお、「上気道リモデリングのメカニズムである可能性がある、舌の強化を目標にすることは理にかなっているように思われる」と、論説委員である、カナダのトロントリハビリテーション研究所およびトロント大学のCatriona Steele, PhDは述べている。
(C)2009 WebMD Inc. All rights reserved.

2009年5月14日 提供:WebMD

スリープスプリント

子供の寝不足、
 

topへ戻るtopへ戻る



装置の除菌ケアとナイトケア

2013年11月14日
フッ素コーティングと除菌をWでおこなう。

入れ歯やマウスピースのお手入れは、装置をキッチンハイターの希釈液につけるのと、

良く洗浄して、夜にははめて寝るのですが、
装置の内面にジェルコートFを薄く塗り伸ばしてそのまま、はめます。

鶴見歯科大学の提唱している3DS法を拝借してます。

topへ戻るtopへ戻る