最適な治療とは…③ 海外との意識の違い

タウンニュース麻生区版4月20日号掲載

 欧米では徹底的な未病ケアで医療コストを下げる考えが浸透し、また一方で治療にかける額は数万~と、日本の状況との違いをお伝えしました。
 海外での歯科治療は簡単な詰め物で約8万、セラミック等の修復治療で10~20万円と、日本の皆保険での料金と比較すると10倍以上の差があります。同じ治療でこの差が生じるのは、技術と使用する材料の違い、保険診療の弊害によるものです。
 日本では新卒でも開業すれば30年以上の実績があるドクターと同じ料金で保険治療を行うことが出来ます。歯科医で重要な「技術や知識」への対価はないに等しいのです。※加えて日本の保険制度では予防への料金は低く算定されています…。
 海外では最良の治療技術を競い、それを自由価格で提供しています。それぞれのクリニックは正常な競争原理によってコストをかけて常に最先端の技術と材料で医療安全を確保しています。
 また日本の皆保険では治療材料の耐久性も問題視されず、2年後には同じ治療を同じ部位に行えるルールが設けられ、最低2年がクリアできる治療材料が数多く流通しています。
 これからは未病の段階から口腔ケアを考え、繰り返し行う治療(実はこちらのほうがコスト高)から脱却しようという考えが浸透していけば良いと思います。


最適な治療とは…② 海外との意識の違い

タウンニュース麻生区版3月30日号掲載

 欧米では歯科は自費治療、そして歯周病やむし歯はゼロに近く、矯正が一般的に行われており、日本の現状よりも進んでいることを先月お伝えしました。
 「ブレイクウィンドウ理論」という言葉をご存知でしょうか?割られた窓を放置しておくと、次第に窓だけでなく、もっと大きな事件が発生していくという現象です。歯科治療の側面でいえば、症状のない虫歯や歯周病の放置がもたらす危険性です。
 海外では、未病のうちの検査や健康を維持することで、長期の人生の中で医療費に払うコストを下げるという考えが浸透しています。毎年、歯科のメンテ健診を行えば、一生涯にわたって歯周病菌感染が予防できるのです。健康なお口の環境が身体全体に与える効果は非常に大きいことが分かってきていますので、日本もこの考えを推進していくべきでしょう。
治療費はなぜこんなに違う?
 海外では、簡単な詰め物治療が8万前後、抜歯する場合なら10万円、神経治療15万円、セラミックなどの修復治療は10万から50万と、日本の皆保険の歯科の料金と比較すると、10倍以上の差があります。同じタイトルの治療でこんなに落差があるのか?それは、治療にかける管理技術と時間コストが違うのです。来月はこの辺りのお話をしたいと思います。【次回に続く】


最適な治療とは…① 海外の歯科治療との落差

タウンニュース麻生区版2月23日号掲載

 欧米など海外での歯科治療は保険カバーしないのが一般的です。それは簡単に予防できる疾病だからでしょうか?
 各自で加入する任意の民間歯科保険に入っている場合でも基本は自費治療です。費用は窓口で全額を負担し、その後に保険会社に申請、治療内容などの審査を通ると費用の一部が返金されます。ただクリニックによっては保険会社が適応しない場合も多く、加入している保険を扱っている歯科探しに苦労します。
 日本の皆保険制度は一見便利な様に映りますが、予防や未病に対する治療にはあまり対応していません。発症した疾病にのみ「病」として保険適用を行っているのが現状です。
 30年ほど前、3年間海外で勉強しましたが、今の日本の状況はその頃と変わっていない感じです。毎日のフロスケアが徹底されておらず、1年を通じた検診メンテも途上のまま…。
 欧米では現在、歯周病もむし歯もゼロに近く、歯並び咬合治療としての矯正も一般的で、既に目標にすらなっていません。むし歯対策と、幼少~思春期の噛み合わせの適切な誘導が重要だという認識が日本よりも遥かに進んでいる為だと痛感します。次回はなぜこのような差異が生まれるのか、その背景をお伝えします。【次回に続く】


2018年、新年の目標として「白い歯の笑顔と安全」を考えませんか?

タウンニュース麻生区版元旦号掲載



 「白い歯で笑顔の挨拶」、そんな一年の目標を立てるのはいかがでしょう?
 奥歯の金属をメタルレス修復に移行するのも一つの手段。お口の中の金属は電磁波による異常な電流を身体に流し、発がん性や免疫毒性から、ドイツでは既に使用禁止になっています。
 保険での金属の詰め物は数年で接着が崩れる場合も多く、内部の腐敗発酵で虫歯や口臭の原因、歯周病の重症化を起こし、最終的な歯の破損も危惧されます。
 ホワイトファミリーでは、各種のメタルレス修復を取り揃え、最新クラスの超精密仕上げで、100年耐久性まで謳う素材も用意しています。
 白い歯を実現するもう一つがホワイトニング。昨今では女性だけでなく男性の利用機会も増えています。私たちは臨床経験10年以上のスキルを磨いた専門家が対応し、安心頂けるホワイトニングの特別レシピを用意。機能的な歯の清掃や治療を行っています。

今年は貴方の笑顔をホワイトスマイルに

 歯並びは重要ですが、色が白いかどうかで印象は変わりますよね。見た目の印象で歳は若返ります。白く輝く歯は、若々しく健康的に見えますし、好印象にしてくれるに違いありません。
 一年の計は元旦にあり。新年の目標として、信頼できる歯科衛生士と二人三脚で、白い歯にこだわってみませんか?
※定期コラムでは、皆様が抱くお口の不安にお答えします。