TCH(歯列接触癖)について

タウンニュース麻生区版4月21日号掲載

 上下の歯を持続的に接触させてしまう癖をTCH(Tooth Contacting Habit)と呼びます。一般的な「かみ締め」や「食いしばり」を思い浮かべる方が多いと思いますが、歯が接触する程度でも持続すると筋の緊張や疲労が生じてきます。

 普段、上下の歯は接触しておらず、会話や食事の際に接触する時間など含め、1日20分程度が正常だと言われています。歯の接触時間は長いほど筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増え、顎の疲労感や歯の違和感から顎関節症など様々な症状に影響があると考えられています。

 現在、歯軋り対策としてマウスピースの装着や咬合調整が行われていますが、歯科医の視点は「使った方が改善しやすい」というものです。TCHの是正として、歯が接触していないかを意識的に注意することを繰り返すと良いといった意見を耳にしますが、それだけで癖を治せる人は少ないのではないでしょうか?

 歯科医として推奨するのは、やはり改善マウスピースを使っていくこと。そして全身の状態も含め、総合的にチェックできるクリニックに診てもらいましょう。TCHの問題だけでなく、睡眠時無呼吸や酸蝕、知覚過敏などトータルで見ても、ナイトガードを定期チェックしながら使うのが良いと思います。すでにアメリカではナイトガードはスポーツガード以上に多くの中年、高年が利用しています。「TCHは癖に過ぎず、問題ない」とするのは間違いです。甘噛みが食いしばり、睡眠時の歯ぎしりに変化し、重症化して中高年以降の骨隆起や歯周病の進行などにつながります。

 顎の疲労感など気になることがあれば、自分で直そうとせず、適切な歯科医にきちんと相談するという、まずはこちらの「癖」を付けることが大切です。


よく噛むことを子どもに伝える必要性とは?

タウンニュース麻生区版3月24日号掲載

 学童期の食生活で、食事をする時の姿勢の悪さや咬む回数の不足、遺伝的に顎の幅が狭い、犬歯の間の幅が狭い状態を放置しておくと、前歯の重なりや、前後に交差した噛み合わせになります。
 また親知らずを抜かずに成長すると、親知らずの力で、前の奥歯(12歳臼歯や6歳臼歯)が前や内側に押されて、内傾斜を招きます。内傾斜した奥歯は噛むことで更に倒れ、噛み合わせが低くなり、下アゴの関節頭が頭蓋骨に当たって痛みや擦れ音が出て「顎関節症」になります。
 これを防ぐのは上下の顎を拡大すること。前歯を正しく並べ、狭い顎を広げてV字から綺麗なUの字のアーチ歯列にしてあげることが大切です。奥歯も左右内傾斜を起こすことになるので、噛み合わせの高さも回復し、呼吸の問題も解決します。

 医学の観点からも、子どもの咬合誘導と食育は繋がっています。「食べ方は生き方」という考えがあり、正しい食生活は健全な成長を促すことでもあります。歯科医として、「食育の大切さ」を今一度見直してもらえると嬉しいです。

食べ方は生き方

食べ物を残すのは感謝できない人
食べ物をよく噛まないのは心に余裕がない人
何も言わずに食べるのは思いやりがない人
何かをしながら食べる人は落ち着きがない人
食べられることに感謝すること
作ってくれた人に感謝すること
どのように食べるかで人生は変わる
食べ方が生き方となる

「20代からの自分を強くする『あかさたなはまやらわ』の法則」
(田口久人著)より抜粋


予防歯科ってどんな歯医者さんですか?

タウンニュース麻生区版2月24日号掲載

 虫歯や歯周病になる前の段階を意識した姿勢の歯科医院で、治療を受けなくて良いお口環境を考えてくれます。治療と並行して歯の磨き方指導で、二度と治療を受けなくて良い状態をメンテナンスだけで守ってくれる歯医者さんのことです。
 日本人はカルシューム不足です。虫歯等を防ぐ唾液の再石灰化能力とか緩衝力を測ると、弱いのが解ります。歯と歯の間の隣接面は食べかすとばい菌がべったり残っているので、唾液に触れる事がなく、(特に奥歯は)「歯の接触点の虫歯」と「隣接面の歯周病」が進行しやすい環境です。食後はトイレで使った便器と同じで、すぐに洗浄しないと汚れはこびりつき、後からこすっても…ということです。
 歯磨きクリーム替えたところで歯周病は治りません。自己流の磨きタイミングが危ないのです。食後30分は酸性のお口の中。30分後なら中性に戻るから、それから歯ブラシということが最近言われてきまますが、30分待っている間に、歯のカルシュームが溶け出すから、中性に戻っていくと考えた方がいいです。日本人の唾液の緩衝能は弱く、時間が経つと、どんどん、酸蝕が進行してしまいます。酸で溶け出す前に、中和するために、食後は3分以内のケアですそれも、歯ブラシではなく接触点を含める隣接面歯間です。
 私たちは予防歯科の立場から、毎食後に歯の接触点を含める隣接面を優しくYホルダフロスでケアすることを勧めています(実は歯ブラシはメインではありません!)。菌群は秒単位で分裂増殖して食べかすを腐敗発酵させ、酸とネバネバを出します。「3分以内で早く」がベスト、寝る前では手遅れです。フロスは毎日、3回以上は使いましょう。


2017年、新年の目標として「白い歯の笑顔」を考えませんか?

タウンニュース麻生区版元旦号掲載



「55%、38%、7%」―、これは何の割合か分かりますか?
実は、人の第一印象を決める3つの割合です。①視覚(見た目)55%、②聴覚(声)38%、③言葉(話す内容)7%、以上の要素から、人は初対面の人の印象を決めていると言われています。私はそれだけではなくもう1つあると思っています。①②③すべてを含むのが口元ということで『歯の色が白いかどうか』ということがそれです。
ホワイトニングは女性が行っているイメージがありますが、昨今は男性にも求めらている風潮があります。歯並びも重要ですが、色が白いかどうかで印象は変わりますよね。見た目で10歳は若返ります。白く輝く歯は、若々しく健康的に見えますし、好印象にしてくれるに違いありません。
ホワイトファミリーでも特別レシピとして、安心頂けるホワイトニングメニューがあり、長い臨床経験でスキルを磨いた専門家が機能的な歯の清掃を行っており、男女問わず需要が増えています。

今年は貴方の笑顔をホワイトスマイルに

1年の計は元旦にあり。新年の目標として、信頼できる歯科衛生士さんと二人三脚で、白い歯にこだわってみてはどうでしょうか?
※定期コラムでは、治療だけでない、皆様が抱くお口の不安にお応えします。今年もどうぞよろしくお願いします。