正しい歯磨きの仕方を学んでしっかりプラークコントロール

マイタウン麻生区版5月1日号掲載



①正しい歯磨きの仕方は
 歯磨きの基本は、1か所を20秒程度、歯並びに合わせて行います。そのポイントは、食後のタイミングと縦磨きの動き1)歯ブラシの毛先を歯の面にあてる。この時、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目にきちんとあてましょう。2)鉛筆を持つようにして、軽い力で動かす。力を入れても歯垢は取れません。歯ブラシの毛先が広がらない程度にするのがポイントです。3)小刻みに動かす。5ミリ幅くらいが目安です。

②歯磨きの工夫
 一人ひとり歯並びは違います。工夫して丁寧に磨きましょう。でこぼこ歯並び…歯ブラシを横にして磨くと磨き残しが起こります。ブラシを縦にして磨きましょう。背の低い歯…奥歯など背の低い歯は歯ブラシを斜め横にして細かく動かしましょう。歯と歯ぐきの境目…歯ぐきに対して約45度の角度を目安に毛先をあてましょう。歯磨きのポイントは歯垢をしっかり取り除くことです。

③歯磨き後はしっかりチェックを
 食後は3分以内。30分だと遅いです。歯垢になると歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、奥歯のかみ合わせ部分が残りやすいです。デンタルフロスを使って、歯垢が残らないようにしましょう。

一緒に考えましょう!お口から始まる健康のこと。
お口のことは歯医者さんに相談を。

 ホワイトファミリーは予防歯科に力を入れている歯科医院です。歯の健康だけでなく、お口から始まるさまざまな健康相談ができます。歯科医、歯科衛生士がお口の健康と共に体の健康をサポートします。お気軽にご相談ください。


噛み合わせでオーラルフレイルを予防しよう!

マイタウン麻生区版4月1日号掲載



①どうして噛み合わせが悪くなる?
 噛み合わせや歯並びは、幼少期からの習慣で幼児期から発生します。現在、無意識口呼吸やアデノイド上咽頭肥大などさまざまな要因で変わってきます。よく噛まない、柔らかい食べ物を好む習慣だと顎の成長が十分でないため歯並びも悪く、噛み合わせも良くありません。幼少期からお口のお手入れと歯並びを観察し治療アドバイスを相談できるようにしましょう。

②噛み合わせが悪いとどうなる?
 噛み合わせが悪いと上下の歯の接触が減少するので咀嚼効率が悪くなります。また、接触のある歯だけに力が集中し、歯の摩耗が早まります。他にも発音がしにくくなったり、歯周病になり易いなどが挙げられます。最近では噛み合わせと脳機能との関係も研究され、体全体の機能障害にも大きく影響することがわかってきました。BORT検査、SRP検査などを受けましょう。

歯の治療だけじゃない。お口のことは歯医者さんに相談を。
 ホワイトファミリーは歯の健康だけでなく、お口から始まるさまざまな健康相談に力を入れています。今回の噛み合わせの相談もお気軽にご来院ください。歯科医、歯科衛生士がお口からあなたの健康をサポートします。私たちは地域の健康サポーターです。


からだに影響を及ぼす口呼吸②
~舌を鍛えて嚥下障害を改善をしよう!~

マイタウン麻生区版2月1日号掲載



① 舌トレーニングに効果的なゼツダイエット法
 舌根部の筋力が影響する嚥下(喉の嚥下反射の低下で、飲み込んだはずの食事が喉に残っていたり、飲み込みにくくなる)、痰がからみ、食事中にむせる。誤嚥しやすいなどの問題が起こります。喉の筋力低下を防ぐには、ホワイトファミリーの歯科衛生士の指導が効果的です。

② 口呼吸の改善
 無意識に行なっている口呼吸や噛み締めで、舌位置は癖になり、お口の環境や全身の状態が悪くなります。舌の訓練によって、これらの不定愁訴(何となく体調が悪い状態)を改善できることが解ってきています。意識して舌位置を保つことで、筋力、嚥下を改善し、喉の状態を良好にすることが重要です。

歯の健康だけじゃない。お口の健康・予防歯科はホワイトファミリーに相談を
 全身のアンチエイジングは顔の老化予防、フェイスアップ、二重アゴの改善、デコルテのハリの改善のほか、逆流性食道炎の改善や咽頭がん・食道がんの予防になります。舌のトレーニングで若さを取り戻すお手伝いをいたします!


からだに影響を及ぼす口呼吸①
~舌を鍛えて口呼吸の改善をしよう!~

マイタウン麻生区版1月合併号掲載



① 鼻の役割
 私たち人は鼻で呼吸をします。鼻は外気を取り入れる時に加湿器(鼻水)、空気清浄機(鼻毛)、暖房(鼻から肺までの距離)の役割を同時に行っています。口呼吸は外気をそのまま取り入れてしまうため、細菌やウィルスの感染リスクの高まり、口の中が乾燥により虫歯や歯周炎になりやすくなるといわれています。

② 口呼吸が影響するお口の環境
 子どものころから口呼吸の習慣がついてしまうとさまざまなリスクが生まれます。口呼吸の場合、口を開けている時間が長いので口輪筋による前歯の影響が弱くなり出っ歯になったり、顎の成長が不完全で歯列が悪くなり、かみ合わせにも影響してきます。鼻呼吸の習慣づけを子どものころから意識しましょう。

歯の健康だけじゃない。お口のことは歯医者さんに相談を。
 体に必要な栄養を取り込むお口は体の入り口です。ここにトラブルがあれば、体の健康は維持しづらくなります。ホワイトファミリーは歯の健康はもちろん、お口の健康にも力を入れているクリニック。お口の悩みも気軽に相談してください。ご家族の状況をしっかり伺い、具体例を挙げて改善していくお手伝いをいたします。